2011-01-09(Sun)

アスペの幼稚園年長(6歳)の息子がおります。暇があるとおちんちんを触るようになりました。食事中に咀嚼している時、テレビを見ている時などに手がズボンの中に入っています。ABADで代替行動と思い、物を手渡してズボンから手を出させたり、手を使う遊びをさせるようにしていますが、食事中とテレビを見ている間は手持無沙汰らしく、無意識で触ってしまうようです。本人もよくない行為とわかってきており、親と目が合うとサッとズボンから手を出します。何かよい方法はございませんでしょうか? 兵庫県 M.Y

ABA博士の答え
代替行動に、物を渡して、気をそらすという方法はとてもいいと思います。これからも続けていくべきだと思いますが、ここでは他にどのような方法があるか紹介したいと思います。
1.ストーリーテリング
お子様に触ってはいけないとルールのような形で説明するだけでなく、なぜ触ってはいけないのか、触ったらどうなるのかを絵を付けて教えてあげてはいかがでしょうか。例えば触るとばい菌が入って病気になり、お医者さんに行かないといけないとか、友達に嫌がられるなどというのを説明するような方法があります。
2.ビデオビューイング
食事中やテレビを見ている間にビデオを撮影し、直後、お子様にビデオをみせてあげます。ビデオをみて、おちんちんを触っていなかったら、「すごいね!手をズボンに入れてなかったね!」と褒めながら、お子様の好きなご褒美をプレゼントします。この方法は行動を本人が目で見て確認できるという利点がありますが、ビデオをみているとき、行動から時間が経過しているというのが少々欠点です。
3.他行動分化強化
食事中やテレビを見ている間、例えば5分間隔で、もしおちんちんを触っていなかったら、毎回ご褒美をあげます。この方法は毎回正しい行動の直後にご褒美をわたすので、本人に自覚しやすくていいかも知れません。
ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。
2011-01-07(Fri)

問題行動に対してABAでは何もしない「消去法」を推薦していますが、どうも効果があるように思えません。なんらかの形で悪いときは悪いと教えるべきではないのでしょうか? 静岡県 M.Nさん

ABA博士の答え
まず、ABAで言われる「消去」をご存知でない人のために、簡単に説明したいと思います。「消去」とは、相手の行動をエスカレートさせないために、何のリアクションも示さず、相手にしないため、その行動が減っていくといった方法です。何もしないことに対して、確かに「これって効くの?」と疑問を感じるかもしれませんが、実はこれはうまく使えばすごく効き目のある方法なのです。皆様も普段、怒ったり、過剰な反応を起こしたがために、相手の行動が悪化したっていう経験はありませんか?例えば車の運転中、後ろの車が意味なくクラクションを鳴らしたり、パッシングしてきたとします。それを相手にするから泥沼化して、ケンカになったりするわけであって、全く無視をして、そのまま運転を続けると、たいていの場合、相手はあきらめてどこかへ行きます。(消去バーストと言って、最初のうちは悪化することもありますが、そのうちあきらめます。)「消去」を使う上で、正しい行動も教え、その正しい行動をみせたときに、思いっきりリアクションをみせて喜ばせることで、「相手にされない行動よりも相手にされる行動の方がいい」と学ぶことができます。
2010-12-21(Tue)

ABAとDTTの違いを教えてください。 東京都 M.Mさん

ABA博士の答え

ABAは主に自閉症やその他発達障害を持つ人々に使われている教育方法で、DTTはABAの技法のひとつです。つまり、ABAとDTTは別個のものでなく、フルーツの中にスイカがあるように、ABAの中にDTTがあります。DTTはDiscrete Trial Trainingの略で、日本語で「離散試行型指導法」と言います。物事を教えるとき、テーブルに着かせ、ひとつのアイテムに集中して、段階を踏みながら、そのアイテムを覚えさせていきます。例えば数字を教えるとき、一気に全部の数字を紹介するのでなく、まず「1」だけに集中して教え、そのあと障害物と言われる「1」以外の既に知っているアイテム(例えば食べ物の名前など)を混ぜながら、「1」を認識して答えることができるかを練習するといったやり方がDTTの特徴です。基本的な方法はここをご覧になってみてください。
http://autismfamily.web.fc2.com/dtt1.html
2010-12-20(Mon)

ABAを始めてから問題行動がひどくなりました。うちの子には合わないのでしょうか?その時点でABAをやめた方がいいのでしょうか? 山梨県 T.Nさん

ABA博士の答え
ABAを始めたとたん問題行動がひどくなるというのはよくあることです。と、言うのも、前まで泣いたり叫んだりすることでコミュニケーションをとっていたものが、ABAを応用した今、認めてもらえなくなったわけですから、一層問題行動を起こすことで、うったえようとしているのです。これを専門的に、消去バーストと言います。例えて言いますと、あなたが自動販売機の使い方を知らず、機械を叩いたときにジュールが出てきたとします。それ以来、毎回機械を叩いてジュースを出すことになるのですが、業者の人が機械を直してしまい、叩いても出てこなくなります。するとあなたは今まで出てきていたのに、突然出なくなったことに疑問を感じ、一層激しく叩いたり、蹴ったりします。これが消去バーストです。ここでぐっとこらえて、適切なコミュニケーションの方法(この例ですと、お金を入れてジュースを購入すること)を教えてあげましょう。
子供が泣いているからとか怒っているからと、途中であきらめて子供のニーズに応えてしまうと、子供はやっぱり泣くことや怒ることが正しいコミュニケーションだと覚えてしまいます。この時期を乗り越えることで、子供は大きく成長するでしょう。
2010-12-17(Fri)

子供がよく人をつねったりして、やめるように叱るのですが、一向によくなりません。ABAではこのような問題をどのように教えているのでしょうか。 香川県 S.Fさん

ABA博士の答え

ABAでは人の行動にはすべて理由があり意味があると教えております。また、その理由を知った上で、環境を変えてあげるとその行動は変わると教えています。詳しくは、http://autismfamily.web.fc2.com/aba2.htmlを見てください。まず大切なのは、原因を知り、どの行動の種類に当てはまるかを知ることです。そこから、どうすることでその問題を解決していけるかが見えてくるでしょう。
2010-12-15(Wed)

ABAの教育法はどこで受けることができるのでしょうか? 京都府 N.Oさん

ABA博士の答え
アメリカでは国からの援助により、無料でABAのトレーニングを受けたセラピストが直接、家を訪れて自閉症と診断された子供にABAセラピーを行いますが、現在日本ではそのような援助がなく、またトレーニングを受けたセラピストの数もあまり多くいません。ただ、だからと言ってここであきらめてはいけません。親御さんがABAの知識をしっかりと付けて子供と接していくことで、子供は大きく成長していきます。ABAの基本はhttp://autismfamily.web.fc2.comで無料で紹介されていますが、詳しく学びたい方は以下のような本を読んで実践するのもいいと思います。
2010-12-15(Wed)

ABAとは何の略で、どのような教育法なのでしょうか? 兵庫県 K.Sさん

ABA博士の答え
ABAとはApplied Behavior Analysisの略で日本語で応用行動分析と言います。ABAは「行動は環境がもたらすものであり、環境を変えることでまた行動も変わる」という哲学を基に教えられています。1930年ごろからアメリカで行動の研究として始められたもので、20世紀末には「臨床的に効果のある教育システム」と結論付けられ、自閉症、ダウン症、ADHD等さまざまな発達障害を持った人たちに導入されるようになりました。
今日は何の日
お気に入り
プロフィール

autismfamily

Author:autismfamily
どーも。ワシがABA博士じゃ。
自閉症のお子様を持つご家庭の質問にお答えするぞ。
ご質問、ご感想はrhinobook@gmail.comまでご連絡ください。

ABA博士へご質問、ご感想
カテゴリー
リンク
Twitter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
サーチ
月別