2011-02-21(Mon)

オーバーコレクション ネガティブプラクティス

オーバーコレクションのネガティブプラクティスとはポジティブプラクティスと違い、問題行動をいやというほど継続してさせるといった罰です。

ここでも例をみてみましょう。

ショウタが家の中で床につばを吐いた。

お母さんがやめなさいと言ったにもかかわらず、ショウタは床につばを吐いた。

お母さんが「そんなにつばを吐きたいのなら、ずっと吐いてなさい!」と言って、ショウタにつばを吐かせた。

ショウタが「もうつばは吐かない」と言ったがお母さんは吐き続けなさいと言った。

つばを吐き続けさせ、くたくたになったときに止めて、「もう家の中で床につばを吐いてはいけません」と教えた。

何度も言いますが、罰は相手に不快感を与えるものです。罰を使うことは簡単ですが、大切なのはできるだけご褒美を基調としたしつけをすることです。

しつけをする上で最終手段として罰は使われるものですので、それをお忘れにならないようにお気をつけください。

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

今日は何の日
お気に入り
プロフィール

autismfamily

Author:autismfamily
どーも。ワシがABA博士じゃ。
自閉症のお子様を持つご家庭の質問にお答えするぞ。
ご質問、ご感想はrhinobook@gmail.comまでご連絡ください。

ABA博士へご質問、ご感想
カテゴリー
リンク
Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
サーチ
月別