2011-01-09(Sun)

アスペの幼稚園年長(6歳)の息子がおります。暇があるとおちんちんを触るようになりました。食事中に咀嚼している時、テレビを見ている時などに手がズボンの中に入っています。ABADで代替行動と思い、物を手渡してズボンから手を出させたり、手を使う遊びをさせるようにしていますが、食事中とテレビを見ている間は手持無沙汰らしく、無意識で触ってしまうようです。本人もよくない行為とわかってきており、親と目が合うとサッとズボンから手を出します。何かよい方法はございませんでしょうか? 兵庫県 M.Y

ABA博士の答え
代替行動に、物を渡して、気をそらすという方法はとてもいいと思います。これからも続けていくべきだと思いますが、ここでは他にどのような方法があるか紹介したいと思います。
1.ストーリーテリング
お子様に触ってはいけないとルールのような形で説明するだけでなく、なぜ触ってはいけないのか、触ったらどうなるのかを絵を付けて教えてあげてはいかがでしょうか。例えば触るとばい菌が入って病気になり、お医者さんに行かないといけないとか、友達に嫌がられるなどというのを説明するような方法があります。
2.ビデオビューイング
食事中やテレビを見ている間にビデオを撮影し、直後、お子様にビデオをみせてあげます。ビデオをみて、おちんちんを触っていなかったら、「すごいね!手をズボンに入れてなかったね!」と褒めながら、お子様の好きなご褒美をプレゼントします。この方法は行動を本人が目で見て確認できるという利点がありますが、ビデオをみているとき、行動から時間が経過しているというのが少々欠点です。
3.他行動分化強化
食事中やテレビを見ている間、例えば5分間隔で、もしおちんちんを触っていなかったら、毎回ご褒美をあげます。この方法は毎回正しい行動の直後にご褒美をわたすので、本人に自覚しやすくていいかも知れません。
ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

今日は何の日
お気に入り
プロフィール

autismfamily

Author:autismfamily
どーも。ワシがABA博士じゃ。
自閉症のお子様を持つご家庭の質問にお答えするぞ。
ご質問、ご感想はrhinobook@gmail.comまでご連絡ください。

ABA博士へご質問、ご感想
カテゴリー
リンク
Twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
サーチ
月別