2010-12-23(Thu)

子供が絆創膏をつけるのをきらい、つけると泣き叫びます。必要なときにつけることができないので困るのですが、何かいい方法はありますか? 静岡県 Y.Kさん

ABA博士の答え
いろいろな方法がありますので、ここではいくつか紹介したいと思います。
1.ぬいぐるみで遊びながら、子供にぬいぐるみが怪我をしていることを教えてあげます。そして絆創膏を貼ってあげる練習をしてみましょう。怪我をしたときは絆創膏を貼るのだということを覚えさせましょう。
2.まず子供の大好きなご褒美を用意し、怪我をしていない部分に絆創膏を貼り、近い場所を指さし「〇〇まで歩いたら絆創膏をはずしていいよ」と教えてあげましょう。泣かずに目的地まで歩けたらご褒美を渡しましょう。それに慣れてきたら徐々に距離を伸ばしていきましょう。距離でなく時間を使って「1分間付けてから絆創膏をはずしていいよ」という方もいますが、時間というのは多くの子供にとって抽象的で、感覚が掴めなかったりすることが多いので、目で見える距離をお勧めします。
3.子供の大好きなご褒美を用意し、「絆創膏を付けている間は、このご褒美をいくつ食べても(ご褒美で遊んでも)いいよ」と教えてあげましょう。
子供に絆創膏を貼るのを強制しては、逆効果で余計に嫌がることになります。時間をかけて少しずつできるようにしていくのがポイントです。

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

今日は何の日
お気に入り
プロフィール

autismfamily

Author:autismfamily
どーも。ワシがABA博士じゃ。
自閉症のお子様を持つご家庭の質問にお答えするぞ。
ご質問、ご感想はrhinobook@gmail.comまでご連絡ください。

ABA博士へご質問、ご感想
カテゴリー
リンク
Twitter
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
サーチ
月別