2011-05-27(Fri)

私、養護学校のマネージメントを任されており、今高校生の子供達を6人見ているのですが、生徒の活動に行き詰っており悩んでおります。日々している活動と言うと美術(塗り絵)、音楽(ドラムを叩く等)、パズル(子供用)、校内の散歩、粘土遊び等です。私の上司はあまり関わらず、私に任している状態です。何かいいアイデア等ございましたら教えてください。 兵庫県 S.Wさん

ABA博士の答え

確かにお話を聞く限りでは、活動にかなり行き詰っているようですね。

現在の活動は高校生にも関わらず、3歳から5歳児ぐらいの活動になってしまっています。

これはよく見られる傾向ではありますが、お子様の可能性を働いている方達が制限してしまい、活動がマンネリ化してしまっているのではないでしょうか。

活動はいかにしてそれが直接生活に結びつくか、どのようにして彼らの人生に役立つようになるかを考えてプランしなければいけませんし、特に高校生ですと、仕事に結びつけるような疑似体験的な活動が必要になります。

例えば今やっている活動を求人募集の広告にしてみましょう。

「急募!経験のある塗り絵師、2名募集!」

ありえませんよね。。。

もっと仕事や生活に密着した活動、例えば、庭の手入れ、掃除、箱作り、食事時には料理、食器のセット、紙のシュレッド、女性ですと化粧のつけ方等をさせてあげてはいかがでしょうか。

「急募!経験のある庭の手入れ師、2名募集!」

いかにお子様にとって今教えていることが将来役に立つかを考えなくては、今していることがお子様にとって、また、働いている人たちにとってもむだになってしまいます。

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

今日は何の日
お気に入り
プロフィール

autismfamily

Author:autismfamily
どーも。ワシがABA博士じゃ。
自閉症のお子様を持つご家庭の質問にお答えするぞ。
ご質問、ご感想はrhinobook@gmail.comまでご連絡ください。

ABA博士へご質問、ご感想
カテゴリー
リンク
Twitter
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
サーチ
月別