2011-05-21(Sat)

14歳になる息子がいますが、短気で起こったときに物を床や壁に投げつけて壊す癖があります。突発的なものですので、とめたくてもいつも手遅れといった状態です。何かいい方法はあるのでしょうか? 東京都 M.Iさん

ABA博士の答え

お子様にとって物を投げることが現在ストレスの発散法になっていますね。

まず、より適切なストレスの発散法を教えてあげることが大切だと思います。

例えば10代のお子様だとギターやドラムを学ばせてあげたり、投げるといった行動で適切なものですと野球やバスケットボールなどをさせてあげるのもいいと思います。

そして10代ですと、おこずかいをもらっていると思いますが、もし物を壊したとき、おこずかいから壊した分を代償させるというのも壊した結果として教えるのにいいと思います。

お子様には、イライラしたときに物を壊してはいけない、他の方法で対処しないといけないというのを気づかせてあげるのが大切だと思います。

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

今日は何の日
お気に入り
プロフィール

autismfamily

Author:autismfamily
どーも。ワシがABA博士じゃ。
自閉症のお子様を持つご家庭の質問にお答えするぞ。
ご質問、ご感想はrhinobook@gmail.comまでご連絡ください。

ABA博士へご質問、ご感想
カテゴリー
リンク
Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
サーチ
月別