2011-04-12(Tue)

子供は、6歳の自閉症の男の子です。過敏症(sensory)や、お腹のあたりの筋肉が弱い子です。非常に興奮すると、人前でおちんちんのところを前に出し、人や物に当てる仕草をします。これは、どのように防ぐと良いのでしょうか?本人は悪いことをしている意識は全くありません。どうか良きアドバイスをお願いいたします。 アメリカ K.Mさん

ABA博士の答え

興奮したときに起こることから、おそらくこのような行動の原因は刺激を求めて行われているものではないかと思います。

刺激を求めて行われる行動というのは、止めさせるのが非常に難しいと言われていますが、私の意見といたしましては、とにかくできるだけ多くの代替行動を教えてあげて、興奮したときに、してもいい行動を強化してあげることがいいと思います。

例えば手を叩いたり、ジャンプしたり、手を上げたり、「Yeah!」と叫ばしたり、ハグをさせたりといった感じで、行動を見せて教えてあげたり、手にとって教えてあげたりします。

そして、もしお子様にそれができたときには、思いっきり褒めてあげて、正しい行動をしたということに気づかせてあげることも大切です。

もし、おちんちんのところを前に出してきたときには、消去法を使い、その行動に関しては触れることもせず、ただ相手に立ち去らせるか、物やお子様を移動させるかした方がいいと思います。

人の行動を変えるというのは、時間と努力と忍耐が必要になります。周りの人たちに協力を得て、がんばっていってください。

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

今日は何の日
お気に入り
プロフィール

autismfamily

Author:autismfamily
どーも。ワシがABA博士じゃ。
自閉症のお子様を持つご家庭の質問にお答えするぞ。
ご質問、ご感想はrhinobook@gmail.comまでご連絡ください。

ABA博士へご質問、ご感想
カテゴリー
リンク
Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
サーチ
月別