2010-12-21(Tue)

ABAとDTTの違いを教えてください。 東京都 M.Mさん

ABA博士の答え

ABAは主に自閉症やその他発達障害を持つ人々に使われている教育方法で、DTTはABAの技法のひとつです。つまり、ABAとDTTは別個のものでなく、フルーツの中にスイカがあるように、ABAの中にDTTがあります。DTTはDiscrete Trial Trainingの略で、日本語で「離散試行型指導法」と言います。物事を教えるとき、テーブルに着かせ、ひとつのアイテムに集中して、段階を踏みながら、そのアイテムを覚えさせていきます。例えば数字を教えるとき、一気に全部の数字を紹介するのでなく、まず「1」だけに集中して教え、そのあと障害物と言われる「1」以外の既に知っているアイテム(例えば食べ物の名前など)を混ぜながら、「1」を認識して答えることができるかを練習するといったやり方がDTTの特徴です。基本的な方法はここをご覧になってみてください。
http://autismfamily.web.fc2.com/dtt1.html

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

Comment is pending approval.

Comment is pending administrator's approval.
今日は何の日
お気に入り
プロフィール

autismfamily

Author:autismfamily
どーも。ワシがABA博士じゃ。
自閉症のお子様を持つご家庭の質問にお答えするぞ。
ご質問、ご感想はrhinobook@gmail.comまでご連絡ください。

ABA博士へご質問、ご感想
カテゴリー
リンク
Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
サーチ
月別