2011-05-24(Tue)

9歳の自閉症の息子がいますが、私がしつけとして、これはしてもいい、悪いを教えるのですが、主人は子供にはもっと自由を与えるべきだ、していい悪いは子供が判断すればいいと言います。子供を拘束するつもりはないのですが、せめてしてもいいこと悪いことは親として教えるべきだと思うのですが、どうお考えでしょうか? 岐阜県 K.Dさん

ABA博士の答え

お子様に自由を与えるというのと、しつけとしてしていいこと悪いことを教えるというのは別ものです。

サッカーに手を使ってはいけないというルールがあるのに、自由に遊ばせたいと言って手を使わせるようでは本来の目的から外れてしまいます。

しつけというのは社会のルール、秩序を守るためにあるものであって、大人になっていく子供達にとって必要なものです。

また子供達はまだ経験していないことだから、教えてあげる義務が大人にはあるのです。

それを教えようとしないというのは、自由を与えようとしているのでなく、ただ無責任なだけです。

しつけとして、やっていいこと悪いことを教えてあげた上で、お子様に自由を与えて、お子様自身に「じゃあこの場合、これはしていいのか悪いのか」を考えさせてあげるのが、本来のしつけであり自由であると思います。
今日は何の日
お気に入り
プロフィール

autismfamily

Author:autismfamily
どーも。ワシがABA博士じゃ。
自閉症のお子様を持つご家庭の質問にお答えするぞ。
ご質問、ご感想はrhinobook@gmail.comまでご連絡ください。

ABA博士へご質問、ご感想
カテゴリー
リンク
Twitter
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
サーチ
月別