2011-05-03(Tue)

5歳の自閉症の息子の自傷行為がひどくて困っています。自分の思う通りに行かないと手を噛みます。あまりにかみ続けるので傷も癒えません。何かいいアドバイスはありますでしょうか? 兵庫県 S.Nさん

ABA博士の答え

自傷行為を目にするのは親としてとても辛いことです。

まずお子様の安全のために手袋などを身につけさせてあげましょう。

すぐに手袋をぬいでしまうというようでしたら、長袖の服に手袋を縫い付けて着させてあげるのがいいと思います。

とにかく、まずお子様がこれ以上傷をつけれないような環境にすることが大切です。

そして、できるだけ多くのコミュニケーション力を体得させてあげましょう。

ほしいものがもらえないときには、いつもらえるのかをスケジュールをみせてあげて教えてあげたり、待たないといけないときには、時計やタイマーで教えてあげたり、待ってる間に他になにかできることを与えてあげたり、どうしてもあげれないものの場合、あげてもいいもののオプションを与えてあげたりと自傷行為に走る前にお子様に理解できる方法で丁寧に教えてあげましょう。

自傷行為に走ってしまったときには、怪我をしないことを確認した上で、ほしいものを与えないようにしてください。

自傷行為の後で、ほしいものを与えてしまうと、お子様にとって、自傷行為がコミュニケーションの方法となってしまいます。

自傷行為では物事が通らないということを教えてあげないと、自傷行為は止まりません。

とにかく、適切な方法で要求してきたときに、褒めてあげて、応えてあげることがとても大切だと思います。
今日は何の日
お気に入り
プロフィール

autismfamily

Author:autismfamily
どーも。ワシがABA博士じゃ。
自閉症のお子様を持つご家庭の質問にお答えするぞ。
ご質問、ご感想はrhinobook@gmail.comまでご連絡ください。

ABA博士へご質問、ご感想
カテゴリー
リンク
Twitter
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
サーチ
月別