2011-02-27(Sun)

息子は5歳になりますが、未だにトイレでうんちができません。おむつでうんちをするのが快適なようで、おむつをはいていないとうんちができないといった状態です。何かいいアイデアはありますでしょうか? 北海道 A.Eさん

ABA博士の答え

ABAの方法は少しずつ理想の形に近づけていくものですので、ここでもおしめからトイレへと少しずつ近づける方法を考えていくことが大切だと思います。

例えばおしめでうんちをするのが快適なわけですから、うんちをしそうなときにおしりの部分に穴を開けたおしめをはかせて、トイレに座らせるのはどうでしょうか。

うんちがトイレに落ちたとき、おもいっきりご褒美をあげて、それを何度も続けます。

徐々に穴を大きくしていき、最終的には腰におむつのストラップを巻いただけといった形に持っていき、おむつをなくしてしまいましょう。

ここでもご褒美をきちんとあげることがとても重要ですので忘れないでくださいね。
2011-01-27(Thu)

お友達のお子さんなのですが、年長さんの男の子で自閉です。自宅以外のトイレには行きません。ママから聞くと水洗トイレの水の流れる音が怖いようだとのこと。トイレに行きたがらないので、外出が難しいそうです。入れないお店も多いです。先日は、別の友人宅でパーティをしていたのですが、その時、その子はウンチを床にもらしてしまいました。便意がありながらもトイレにいけず(ママにも言えず)、でも自分のパンツにはやりたくないので、とっさにパンツをヒザまで下げたようです。何かご教示いただけると幸いです。 東京都 Rさん

ABA博士の答え

トイレの水やドライヤーの音等を怖がるお子様も多くおられます。

一般的に簡単に用いられている方法は耳栓を使うことです。

もし、本当に音だけが問題でしたら、これで解消するかも知れません。

ただ、過去の出来事などが脳裏から離れず、恐怖心で行きたがらないというようでしたら、少しずつハードルをあげながら練習していく方法を取られるのがいいと思います。

簡単にいいますと、ちょっとずつ慣れさせるということなのですが、最初は自宅以外で行ってもお子様が怖いと感じていないトイレの使用回数を増やして、それに慣れてくると今まで行ったことのあるトイレの使用回数を増やし、最終的には行ったことのないトイレの使用の練習をします。

ひとりでいくのが怖いようでしたら、ご両親と行かれてもいいと思います。

徐々にご両親とお子様の距離を離していって、慣れていってもらえればいいのですが、これもまた時間を要するものです。

お子様の恐怖を自分の恐怖だと思って、小さなステップでも一歩ずつ前に進んでいただければいいと思います。
2011-01-27(Thu)

自分の息子は高機能でトイレに関しては特に問題ないと思っていたのですが、超便秘でウンチは5日に1回くらいしか出ません・・・おねしょしたり、外でもらしたりということはないので便秘の問題は軽く考えがちでしたが、これもやっぱり自閉的脳からきているでしょうか?トイレの優先順位が低く、お絵かきやテレビなどが上位なので、トイレは極力行きたくないようです。腰をゆがめながらガマンしているときもあります。ガマンしきれない夜中に、意識朦朧としながらベッドの上でシクシクないている時もあります(ウンチがしたくて。)便通を整えるにはどうしたら良いでしょうか? 東京都 Rさん

ABA博士の答え

お子様がお布団の上で我慢しながら泣いているとは、本人にとっても、またご両親にとっても本当に辛いですね。

トイレに行ってうんちをするということに対して恐怖と感じるお子様は少なくありません。

うんちが出るときの痛みが注射と似ているというお子様もいました。

ただ注射と違って、うんちは自分で力まないといけないわけで、それを避けていると便秘になってしまいますよね。

まずはトイレの優先順位を高くするために、うんち後のとっておきのご褒美を用意されてみてはいかがでしょうか。

まあまあのご褒美でなく、とっておきです。

あまり高価なものは毎回渡すわけにもいかないでしょうから、お子様の本当に好きなものを十分に調べた上でお決めになったらいいと思います。

前もって「これはうんちしたときのために取っておこうね」と教えてあげたらいいと思います。

また、お子様がうんちを我慢しているときに、絶対にうんちをすることを強制することなく、応援してあげましょう。

「うんちできたらお母さんもこれ(ご褒美)で一緒に遊んでもいい?」とか「お母さんがついているからね」といったやさしい言葉をかけてあげましょう。

またうんちが出たときには、必要以上に喜んであげて、ご褒美をすぐに渡してあげましょう。

なお、ご褒美を渡すと共に一緒に思いっきり遊んであげましょう。

恐怖心をなくさせるというのは、とても時間のかかるもので、すぐに結果が出るものではありませんが、親子で練習していくこととは、とても貴重なものだと思います。

応援いたしております。
2011-01-20(Thu)

自閉症の息子がいます。子供がトイレに行って、うんちをしたときに、お尻を拭くということやどれだけ拭いたらいいのかが分かっていません。どのようにして練習すればいいでしょうか? 鹿児島県 H.Iさん

ABA博士の答え
まずお子様が自分でお尻を拭くのに適齢かどうか、確認しましょう。

http://autismfamily.web.fc2.com/checklist.html にもありますが、だいたい4歳ぐらいから練習をするのがいいかと思いますが、次のようなステップで始めてみてはいかがでしょうか。

1.ドッジボールほどの大きさのボールに、お味噌やピーナッツバターを付けます。

2.トイレにお子様と行って、まず紙をとる練習をしましょう。

3.適量の紙というのが抽象的で分かりにくいので、例えば「ロールを回して紙が床に着いた時にちぎります」などといった形で教えます。

4.紙を折る練習をします。

5.ボールに付いた汚れを取ります。

6.紙を捨てる前に確認して、「紙はきれいですか?」とたずねます。きれいじゃなかったら、ステップ3から繰り返します。

7.拭いたとき紙がきれいだと、ボールがきれいになったことを意味するので、おしまいだと伝えます。

8.最後にトイレを流して、手を洗います。

この方法だと、何も汚いものを使っていないので、練習しやすいと思います。
慣れてきたときに、実際うんちをしたときに練習してみるといったかたちで一度お試しになってみてください。

2010-12-28(Tue)

4歳になる息子が、トイレの水をかきまぜて遊びます。「汚いから触ったら駄目」と教えているのですが、効果がありません。知り合いには鍵をつけてはどうかと言われているのですが、どうしたらいいでしょうか? アメリカ H.Fさん

ABA博士の答え
確かに鍵をつけることでお子様がトイレの水で遊べなくなるというのは、衛生上からも大切かも知れませんね。ただ、遊ぶと言う行動は、脳がその刺激を欲しがって行っているものですので、鍵をかけるだけではお子様の心が満たされません。つまり、抑制されている分、自宅以外で知り合いの家やレストランに行ったときにトイレで、同じようなことをする可能性もあります。代わりになる適切な行動を教えてあげることが大切です。例えば、お風呂場の樽に溜めた水で遊ばせたり、外に水遊びをする場を設けてあげるとかするといいかも知れません。そして、そう言った適切な行動をしたときに、思いっきり褒めてあげることで、お子様は自分がいいことをしているのだと感じるでしょう。
2010-12-16(Thu)

トイレトレーニングがまだできません。どのようにしていけばいいのでしょうか? 福井県 Y.Fさん

ABA博士の答え
さまざまな方法がありますが、ここではその中のひとつを紹介しましょう。まずトイレトレーニングするのに適齢か確認しましょう。もし適齢だと言うようでしたら、トイレに座らせて、お菓子をあげたり本を読んであげたりとリラックスできる環境を作ってあげましょう。おしっこしなさいとかうんちしなさいと急かさず、まず安心させてあげてあげないと、緊張した状況では用を足すのは困難です。時間がかかるかも知れませんが、トイレでおしっこやうんちをしたときには、特別なご褒美をプレゼントしてあげましょう。おしっこの場合、おしっこした30分後にまたトイレに連れて行ってあげて同じことをしましょう。またトイレにいないときはおむつでなく、パンツをはかせましょう。つねに乾いたパンツを履かせることで、乾いたパンツの方が履き心地がいいと覚えさせるのが大切です。
今日は何の日
お気に入り
プロフィール

autismfamily

Author:autismfamily
どーも。ワシがABA博士じゃ。
自閉症のお子様を持つご家庭の質問にお答えするぞ。
ご質問、ご感想はrhinobook@gmail.comまでご連絡ください。

ABA博士へご質問、ご感想
カテゴリー
リンク
Twitter
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
サーチ
月別